DEAR 。。Holy Spiritさんへ

奇跡のコース〜A Course In Miraclesを学んでいるブログです。

レッスン356 0710

Dear聖霊さん

レッスン356

病気は罪の別名に過ぎません。
癒やしは神の別名に過ぎません。
従って奇跡とは「神」に対する呼びかけです。

Sickness is but another name for sin.
Healing is but another name for God.
The miracle is thus a call to Him.

ーーーーーー

 このレッスンタイトルだけみると、病気は罪?!となるかもしれない。

真実に在る世界は、神のみの世界。

罪というものはない世界。

無罪の世界。

病気。それを「在る」見ている、見えてしまっている私の中に、「神でなく罪がある」という概念がある。

ここでの「私」は、ひとつとしての、人間全体でもあるけれど、まずは、「私」が病気になり得る、と信じていることがわかる。

そうはいっても、まだまだ見えている。私は病気を見つめている。それを西洋医学や東洋医学、ヒーリング。。。いろんな概念をベースにして、なんとか理解し、それがあることを自分の中に位置付けようとする。

一元論の世界では、それはありえないけれど、ここにいると信じている私には、そこから離れられるような過程がいる。

 

 

それでも今日のレッスン解説では

『…「あなたの子ども」がどこにいるか、何が彼の問題であるように見えるか、彼が何になったと信じているかは問題ではありません。

彼は「あなたの子ども」であり、「あなた」は彼の呼びかけに応えられます。

奇跡は「あなたの愛」を反映しており、したがって、奇跡が彼に応えます。

「あなたの名前」は罪についてのあらゆる思いに取って代わり、罪のないものが苦痛を味わうことはありません。…』

 

どんな状況にいると私たちが信じていたとしても、神は私たちの呼びかけに答えてくれる。

 

それはとても心強いです。

ありがとうございます