DEAR 。。Holy Spiritさんへ

奇跡のコース〜A Course In Miraclesを学んでいるブログです。

レッスン106 1102

Dear聖霊さん

レッスン106

じっと静かに真実に

耳を傾けさせてください

Let me be still and listen to the truth.

 

『それがどんなに大声で

呼びかけるように思われても、

あなたがエゴの声を脇に置くならば、

あなたが本当に欲しいものは何も与えてくれないエゴのつまらない贈り物を受け容れないならば、

救いがなんであるかをあなたに告げていない開かれたマインドで耳を傾けるならば、

その時、あなたにも真実の強力な「声」が聞こえるでしょう。

それは、力がありながらも静かで、静かでありながら強く、「その」メッセージにおいて完全な自信に満ちているでしょう。』

 

ーーーーー

 今日のレッスンの文章には「心を鎮め耳を傾けなさい」のフレーズがたくさん出てくる。

描こうとする時に、自分が話すことはできないし、聞こうとしなければ聞くことはできない。

 

わずか5分の時間。

なのに心を鎮め、耳を傾けるということが、いかに今の私には習慣がまだついていないかと感じる。それでも、そんな自分をみつめたとしても、聖霊の前にはさらけだすだけ。そして、そうだからこそ、このワークをしてるんだろうな。

 

与えることと受け取ること。

 

与えることは増えてゆくこと。ひとつに繋がっていることの拡大。そしてそれは私の延長で、私とは神の子のわたし。

与えるということは、持っているから与えることができる。だから、わたしはもっている。

それは神がすでに与えていたから。

与えるということは、昨日のレッスンの文章にあったように、この世の取引としての与えるではなくて。

 

この日の最後の5分間の

聞き取りの時に来たメッセージは、

「与えることは、豊かさ

受け取っても豊か。

豊かさであること。

豊かさとは、〈ない〉ということがないこと。

不足ではないこと。

与えるということは、

不足なきことを体験。

それゆえ、受け取るのは豊か

だという体験であり、

ますます豊かにかえってくる。」

 

メッセージ

ありがとうございます。

 

 

 

広告を非表示にする