DEAR 。。Holy Spiritさんへ

奇跡のコース〜A Course In Miraclesを学んでいるブログです。

コーステキスト26章 「変移」を読みはじめてから

Dear 聖霊さん

この章を読めたことにまず感謝です。

 

あれ、やっぱり私は迷路を彷徨っている夢を

見ているの?

という感覚が徐々にあって。

読めたことでちょっと思い出した。

 

迷路は「イリュージョン」が観れるから

つい観てしまって味わってる。

アトラクションから抜けれてない。。

そのコーナーは

かなり居る気がしてきた。

それも夢の中なのだけれど

 

ふと、

「もしかしてこれはイリュージョン?」

と思い出しかけると、

同時にすかさずそのイリュージョンは

新たな刺激、私というエゴリンが

「観たい、体験したい」

という欲求に

ぴったりのものをみせてくれる。。

 

だから、知覚は心地よくて

つい、迷路の夢の中だってことを

忘れさせる。。

 

けれどいつか、ふと我にかえる。

あれ?  

わたし自分で迷路の夢の中を作って、

そして

ずっと迷路にいること忘れてた。

 

そしたら、

そこから出る道の地図と

出口まで案内する存在を

自分で持ってたこと思い出して。

 そして起動させて、

ただその案内についていけば

その地図どおりにでれば

出口へと辿り着く。

 

 

そうなんだ、

「イリュージョン」は

イリュージョンでしかない。

だから、消えるもの。

 

わたしが

「必要ない」と思い出せば

イリュージョンって思い出せば

迷路に入ってること思い出せば

 

ほんとの道がみえてくる。

そして、その道にはちゃんと

導き手とともに行くことが

約束されてる。

 

もうそろそろ、出口に

連れて行ってもらおう。

 f:id:seireiwy:20160718202437j:image

ありがとう。