読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DEAR 。。Holy Spiritさんへ

奇跡のコース〜A Course In Miraclesを学んでいるブログです。

レッスン294 0509

Dear聖霊さん

レッスン294

私の肉体は完全に中立的なものです。

My body is a wholly neutral thing.

 

ーーーーーー

この日はPM2.5がとても飛散していると予報のでていた日だった。

朝からマスクをして家の窓もぴったり閉めて出かけた。

どうしてこんなふうになっているのだろう。

これも私の何が影響しているのだろう。

と思っていた。

帰りもマスクを途中までしていたけれど、あれ?この怖れはどこから来るのだろうと思った。

身体を保存しようとしている。。。

と気がついて、マスクを外すことにした。

 

『私は神の子です。そして、その私が同時に別な何かであり得るでしょうか。

神は不滅であり同時に死滅すべきものを創造されたのでしょうか。』

この解説文章を見ているにもかかわらず、やっぱり無意識の、そして囁くかのような「恐れ」を選択して行動を選んでいるなぁと。

 

外の世界が変われば変わろう。。。

外の世界がこうだから仕方がない。。

 

でも外の世界は私の内なる反映。

そして肉体は中立のものであり、使い道は聖霊とともにあるのだった。

 

気づきをありがとうございます

広告を非表示にする

レッスン293 0508

Dear聖霊さん

レッスン293

全ての怖れは過去のものであり、

愛だけがここにあります。

All fear is past and only love is here.

ーーーーーー

 いつも過去を参照にして無意識に何かを行ったり思ったりする。

そんな習慣は生まれてからずっと習慣化されてきたし、そう教わってきた。

 

何も知らなければ、怖れることもないけれど、あれこれと自分の過去データから導き出したことで、結果を怖れる。

 

でも、それをしなくていいと。

恐れは神がつくったものではないし、本当はないという。

 

今のこの見えている状態を、どう思うか。

その時聖霊を思い出していないと、やっぱり怖れる可能性もある。

 

『「父」よ、今日、「あなた」の神聖な世界を私の視力が見逃すことのないようにしてください…』

 

見逃しているんですね。。。

 

ありがとうございます 

広告を非表示にする

レッスン292 0507

Dear聖霊さん

レッスン292

すべのものにとっての幸せな結果は

確実にやってきます。

A happy outcome to all things is sure.

ーーーーーーーー

 実家でのレッスンは日々のテストのようだ。

如何に心の中に平安を保てるか

如何に自分で解決しようとしないか。。。

 

随分と短時間でそれに気づけるようになった。

ざわざわした気持ちも、委ねられる絶対的な導き手がいてくださるとわかれば、とても心丈夫。

 

そしてこのレッスン心強い。

どんな幻のことも、それを使って幸せな結果へと約束されている。

私には到底理解できないような、考えることさえ思いつかないような方法だとしても。

本当のワタシが望んでいる、ホントの望み。その幸せな結果へと修正してくれるんだ。

 

そのレッスンを心に持って実家でのいろいろな出来事(とワタシが見ていることなのだろうけれど。。)に対応していたら、心はとても楽にすごせた。

一瞬一瞬、過去の事を手放してゆく。

そしたら心配はいらない。

 

ありがとうございます

広告を非表示にする

レッスン291 0506

Dear聖霊さん

レッスン291

今日は静けさと平安の日である

This is a day of stillness and of peace.

 

ーーーーーー

このフレーズを心の中でいうと、

とても静かで楽になる。

仕事後の夜は、急遽実家へ泊まることになった。

母があることで、とても心配と攻撃と防御を

強く見せていた。

そこで投影されていたものは、

私の何だろうと思った。

母には苦しんで欲しくない。

けれど、

母に私はエゴのアイディアを見つめている。

それにハッとした時、少しそこから離れて

このレッスンへと戻った。

そうだ、聖霊はこれを使って神のプランへと導く。

私が私の中に隠していた、いろんな恐れや

在ると思ってしまっている幻の過去と

それに繋がる結果。

それらを私はみているのだろう。

そして私がこの母を何とかしようとしても、

今みでのやり方であり、

エゴのアイディアから来るものなんだろうな。

 

母のいろんな言葉を聞いていても、

心が揺らぐことがなくなってきた。

私で解決するのではなく、

聖霊が最高最善の解決方法を知っている。

なぜなら彼らは全て、聖霊には幻であり、

神のプランだけが実在すると知っているから。

私が作ってしまったと思っている幻を

聖霊に差し出す。

 

そして私は母の中に神の子を見つめる。

いろいろとあったけれど、

テレビを川の字になって見ているとき、

ふと父母がうつつと眠っているのを見て、

とても愛おしく感じた。

そう、神様も聖霊

私たち全てを愛おしく思ってくれていると

思い出して、やわらかな心を味わえた。

 

私が奥にまだしまっている幻を断捨離しよう。

大掃除して、スッキリと。

 

最近は幻の世界でも断捨離気味で、

心地よい空間に家もなってきた。

 

掃除の後の心のなんともいえない拡がり。

きっと心の中にある

エゴのアイディアのほっちらかしも

さっぱりしたら、とっても清々しいだろうな。

 

 

 

 

今日から10日間は

「実相の世界とは何でしょうか?」

http://ameblo.jp/acimworkbook/entry-11047640308.html

 

 

 

ありがとうございます

f:id:seireiwy:20170507173910j:image

広告を非表示にする

レッスン290 0505

Dear聖霊さん

レッスン290

私の現在の幸せが私に見えるものの全てです。

My present happiness is all I see.

ーーーーーーー

 

今 肉眼で、視力を使って見えているもの。

それは私が投影している映画。

けれど「キリストのヴィジョン」でみると決意したならば、同じココにいても全く違う。

 

『私が作った視力に関して「神ご自身の修正」なしに私が知覚するものは恐ろしく見るのも苦痛です。』

 

この世界は苦痛や制限や満たされないものの世界。

それを補正してくれる。。。

ありがとうございます。。

 

この「聖霊とは?」のシリーズもこれで終わり。

でもどんどんと、聖霊さんを近くに感じます。

そしてどんな時も選択する意思を持ち続けよう。

 

ありがとうございます

広告を非表示にする

レッスン289 0504

Dear聖霊さん

レッスン289

過去は終わっています。

過去は私に触れることはできません。

The past is over. It can touch me not.

ーーーーーーー

 この日はこのフレーズを何度も何度も唱えた。

普段は1時間毎に思い出すスタイルで、アラームをかけるけれど、この「過去は終わっている」という当たり前の言葉を自分にしみこませたくて。

まだまだ、過去に取り囲まれている。

過去が今に重ならないと、すごくシンプルで楽に、しかも平和。

 

この日は知らずに間違ったことをしたことがあって、それが自分の中で引っかかると、今という時間の中にその終わった事を心の中で度々再現していた。

それに気づく度にまた、終わっている、と唱える。

 

この「過去を使って自分を責める、攻撃する」習慣を聖霊に差し出していきます。

ちょうど今日のレッスンが響いて平和へと戻してから嬉しかった。

 

私がどうすればいいのか、私で決めつけないこと。

一旦立ち止まって、それは過去を再現しているのか、それとも今ある安らぎへの道なのかを問いかけつつ進みたい。

 

ありがとうございます

 

広告を非表示にする

レッスン288 0503

Dear聖霊さん

レッスン288

今日、私の兄弟の過去を忘れさせてください。

Let me forget my brother’s past today.

 

ーーーーーーーー

今日のレッスンは、テストみたいだった。

相手との相違を見つめたことで、様々なエゴの思想を思い浮かべては採用していた気がする。

本当は相手はないのだけれど、私の中の恐れや、私自身が愛せていない部分が露わになったかのような出来事があり、分離感を感じてしまった。

そしてハッとして。

 

『私の兄弟の手が私を「あなた」のもとへと至る道を案内してくれる手です。

彼の罪は私の罪と一緒に過去にあり、過去は過ぎ去ったものであるがゆえに私は救われています。

私が過去を大切にすることのないようにお導きください。

さもないと、私は「あなた」のもとへと歩いて帰る道を見失ってしまうでしょう。私の兄弟は私の救い主です。…』

 

ハッとして落ち着いてから、この文章を見た。

あ、、聖霊さんのプランを選択しよう。

私はうまく立ち回れなかった、そして相手がこれを望んでいる??ということをしなかった気もする。

そして相手が私を攻撃しているようにも感じてしまっていたことに気づいた。だから私は過去のデータに基づいて、相手に対して防御と分離感を表していたかもと。一見、落ち着いてみえたかもしれない。けれも滲み出ていたかもしれない。

それに気づいたら、なんか恥ずかしい気持ちも出てきた。ここで私はまた自分を責めそうになった。

振り返った瞬間からみると、それはもう過去。

今日のレッスンはではどうすればーーー

それでも私は間違った対応をしたかもとみえたので、今度はそれをしないでおきたいと思った。そして相手に対しては私にとり救世主として、今回の気づきのためにその対応となったのかもと、相手の態度も聖霊に委ねることにした。

この幻の出来事を使って、ひとつとしての存在のそれぞれが互いに思い合うものを尊重して、受け入れることが大切だなあと。

 

今日のレッスンに事が起こってよかったと、今は思える。そして誰も責めることなく、過去から今へ移動出来たことが嬉しいです。

 

今までのパターンを崩し、聖霊のプランを選択するということに集中できますように

間違ったり、休憩しながらも、聖霊さんのガイドへ戻れたこと、戻れる方法があることに心から感謝します。

 

何かを幻のカタチのもので代償しなくても、ひとつひとつの重荷と思っているものを手放せますように

 

今日もありがとうございます

広告を非表示にする