読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DEAR 。。Holy Spiritさんへ

奇跡のコース〜A Course In Miraclesを学んでいるブログです。

レッスン229 0305

Dear聖霊さん

レッスン229

私を創造した愛が私の本質です

Love, which created me,

is what I am.

ーーーーーーーー

 この日は一日中家にいたけれど、何人かの友達と頻繁にメールのやりとりをした。

コースの学び仲間であり、彼女の悩みが解決していく過程をみせていただいた感じだった。

彼女の嬉しい気持ちが、私にも伝播した。

彼女は私からのメールの内容と同じようなものを、その他二人からも聞いたと教えてくれた。

その方々と私は、全く私の面識ないのだけれど、神の子として繋がり、聖霊から彼女へのメッセージが、神の御心が、私たちを通して届くようになっているようだった。

 

私たちは受け入れれば、必ず喜びや安らぎ、愛の交換を体験するように出来ている気がする。

その結果へと運ぶのは、聖霊であり神様の御心。

だからそれを思い出して、委ねるだけなのかも。

 

本質が愛である私。

これを思い出す日。最近は素直に入ってくる気がします。何度も何度も伝えてくださりありがとうございます。

 

 

広告を非表示にする

レッスン228 0304

Dear聖霊さん

レッスン228

レッスン228

神は私に有罪判決を下されませんでした

私も同様に私自身に有罪判決を下しません

God has condemned me not. No more do I.

 

ーーーーーー

わたし(たち)はいかに無意識に責めているだろう。

言葉にしないから黙っているようでも、心の中ではたくさんの言葉が動いている。

その時に、怖れを選びがちだったということに気づく。

エゴには愛や安らぎや奇跡は想定できない。想定外なのだ。だから、未来を予測する時、安らぎが訪れる、喜びや奇跡となる、愛に満たされる。。

ということを選択しない。そしてその未来予測がまた怖れを生み出す行動につなげる。。。と怖れのスパイラルになる。

 

けれどコースでは、選択できるとある。

本当は、わたしたちの源はどこなのか?

本当はどんな存在なのか。

 

それを思い出すと、有罪判決などできない。

そして、神様はそもそも有罪判決などしないから。

だからこそ、最初に行う時に、

本質を思い出していきたいと思った。

 

与えることは受け取ること。

何を受け取るかは、何を与えるかによるし、

それは同時とあった。

 

喜びや安らぎを与え受け取れますように。

そう導いてください。

 

ありがとうございます

 

 

広告を非表示にする

レッスン227 0303

Dear聖霊さん

レッスン227

これは私の神聖な解放の瞬間です

This is my holy instant of release.

 

ーーーーー

この日は年に一度の事務処理に始まる。

幻の世界で、自分で作ってるこれらのシステムに右往左往したりするのを、改めて幻なのになぁと眺めてみた。

この日は解放の日。

いろいろな思い込みを発見して、聖霊の前に差し出してゆくことで、解放していきたい。

 

とらわれていること、怖れをおもいおこさせること、それがとても強ければ強いほど、握りしめていることが多い。

自分で離さないのだなぁと感じる。

どちらかというと、過去を何度も再生し、それが私の中の思考の中で展開しているだけの過去で本質はわからないのに、その狭い視野からの未来だけをみて怖れていることが多い。

 

それを手放したい。

もし、手放し方さえわからなければ、その手放し方から教えてほしいし、わかりやすくみせてほしい。

苦しみの選択はもうしなくていい。

 

とこれらが思い浮かぶ。

そして解放されると、とても静かな穏やかな気持ちになれる。

 

静かな穏やかな気持ちが、本来あっていい気持ちなのだから、やっとそこに戻ってこれるという感覚なのかも。

 

未来を悪く考えがちのこの世界で、少しずつでも、自分から解放していく経験を積んでいきたい。

それはとても嬉しく安らぐ、心地よい体験だから。

それを受け入れよう。

 

 

ありがとうございます

 

 

 

広告を非表示にする

レッスン226 0302

Dear聖霊さん

レッスン226

私の家が私を待っています

私はそこに向かって急ぎます

My home awaits me.

I will hasten there.

 

ーーーーーー

この日は自分で自分の心を苦しめたと思う。

過去の出来事から発生したかにみえる、相手からの態度に恐れがでてしまった。

そして恐れの未来を心に展開し、浸っていた。

エゴのアイディアのうまーいやり方。

自分の罪悪感を肯定する時、罪悪感を手離せない自分も発見する。

手放しやすいことと、手放しにくいこと。ここに何かあるのだろう。

それを一人でするのは、コースではしなくてよかったと気づく。

そうだった。聖霊に委ねるのだった。

忘れてもまた、それをする。

 

いち早く帰りたい!とおもった。

このレッスンのいいところは、死をもってそこに到達するのではないと、ちゃんとあるところ。

『これを可能にするのは死ではなく、この世界の目的についてのマインドの変化です。』

 

そう、天国は何処かにあるのでなく、今いる 「ここ」にあって、それは死ぬことでいくのではなく、目的についてのマインド変化 による。

だから私は マインド変化の導きを聖霊に依頼するのだった。

ありがとうございます

 

広告を非表示にする

レッスン225 0301

Dear聖霊さん

レッスン225

神は私の「父」です。

そして神の子は父を愛しています。

God is my Father,

and His Son loves Him.

ーーーーーー

昨日は、神の思い。

今日は私側からの思い。

 

神の子 として、わたしたちがひとつということも思い出すようにある。

そして恩返しすることも。

 

 

本文の祈りの言葉の中で

「…怖れは後にして安らぎだけが前方にある状態にしておきたいのです。…」

というところがある。

進む道には、安らぎだけがある。

そんな風に作ってくれていて、そんな風に導いてくださるなんて、なんてありがたいことだろう。

そして怖れる必要のないことを、何度も繰り返し伝えてくれている。

 

今までの私がエゴのアイデアに浸っていたからこそ、今はこの、何度も繰り返し教えてくださることが、助けの糸、救いのランプのように感じています。

ありがとうございます

 

コースのリンク

○奇跡のコースのワークブックブログ

http://ameblo.jp/acimworkbook/entry-10983365745.html

 

広告を非表示にする

レッスン224 0228

Dear聖霊さん

レッスン224

神は私の父であり、

神は神の子どもを愛しておられます

God is my Father, and He loves His Son.

 

ーーーーーー

第2部に入って、私と神との関係性をしっかりと思い出すための繰り返しがある。

そして、祈りの言葉も毎日。

とても安心感に包まれる。

 

「赦し」がテーマの10日間。

父と子の結びつきの実感を強くしたいな。

 

夜のホッとする時間を、youtube動画を観ることに費やしてしまった。なんとなくボーッと観ていると、次々に観てしまって。

 

私はまだ、エゴの世界、幻と魅惑の世界を見たいと思っているところを選んでいる。

今までの慣れ親しんだ行いを選択している。

まだ恐れているのかな?

神だけを選択することを。

深くにある、何か。

神とともにあることだけに、生きていくことを選んでいくことへの思い込み。

それもこれからの私のテーマなのかな。

聖霊さん導いてください。

 

 

それでも神は愛してくださっていることを

この日は思い出すことにする。

 

ありがとうございます

 

広告を非表示にする

レッスン223 0227

Dear聖霊さん

レッスン223

神は私の生命です。

私には神の生命以外に

いかなる生命もありません

God is my life.

I have no life but His.

 

ーーーーーー

命。

日々のする事に埋もれていると、

生きているけれど、命はどこから?と

振り返っていることはすくないかもしれない。

 

健康でいることや、病気に関することはいろいろと情報も取り入れたりする事も多い。

そして科学として捉えて学校で学んだりして、それがベースとなる。

 

命はどこから?

これは宗教観や生きている環境、価値観によって、

いわれている。

 

私はこうして今、コースと出会い、

また 神とともにあることを

思い出させてもらった。

 

命は神がなければないもの。

神があるから、命はある。

その事をしっかりと日々に実感していたい。

 

ありがとうございます

 

 

 

 

広告を非表示にする