読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DEAR 。。Holy Spiritさんへ

奇跡のコース〜A Course In Miraclesを学んでいるブログです。

レッスン247 0323

奇跡のコースワーク241〜250

Dear聖霊さん

レッスン247

ゆるしがなければ

私はいまだに盲目でしょう

Without forgiveness I will still be blind.

ーーーーーー

 世界とは?

に入って、赦しがたくさんでてくるような。

世界にみるものは、私の内にあるもの。

投影しているものだから、赦しをするのだなぁ。

ゆるすことは、私を解放すること。。

 

ありがとうございます

 

 

広告を非表示にする

レッスン246 0322

奇跡のコースワーク241〜250

Dear聖霊さん

レッスン246

私の父を愛することは

父の子を愛することです。

To love my Father is to love His Son.

 

ーーーーーー

 夜にうたた寝することで、夜の祈りの時間がとんでしまう日が続いてしまった。するとやっぱり気持ち悪いというか。祈りを終えて、幸せに包まれて眠るほうがやっぱりいい。けれど、いつの間にか寝てもいいという選択でスッと寝ている。いつも赦しの機会が与えられている。

聖霊はホントに愛のかたまりだなぁと思う。

私は思い通りに動かないのに、いつも側にいてくれて、目覚めるまで、側でいつでもサポートしようと待機して、選択された時には最大限に力を発揮してくださるのだから。

父の子を愛するとは、父のように、聖霊のように愛すること。

相手にどのように接するかは、聖霊が私に接してくださるように、赦しと愛と信じて待つということでもあるだろうな。

 

いつもありがとうございます

 

 

 

広告を非表示にする

レッスン245 0321

奇跡のコースワーク241〜250

Dear聖霊さん

レッスン245

父よ、あなたの安らぎが

私と共にあります。

私は安全です。

Your peace is with me, Father. I am safe.

 

『神が私たちに与えられた言葉を

私たちが共有するがゆえに

神の愛を私たちは認識します。』

ーーーーーー

この日も、神の安らぎを実感する日。

包まれていること。

そしてそれを実感できていない友へ

思い出してもらうこと。

それは聖霊とともに、安らぎとともにいることで

自我で考えずとも運ばれる。

神の安らぎのもとでしか、その言葉は聞くことができない。

私たちは神の子としてひとつであるから、その言葉を共に聞くことができる。

 

まだまだ、委ねるということが、私の時間の全てではない気がします。それでも、思い出すたび、ハッとするたびに、また委ねたら、忘れていたことさえ忘れるくらいに、助けてくださっているようです。

 

ありがとうございます

 

 

 

広告を非表示にする

レッスン244 0320

奇跡のコースワーク241〜250

Dear聖霊さん

レッスン244

私はこの世界のどこにいても

危険ではありません。

I am in danger nowhere in the world.

ーーーーーー

私(たち)は安全。どごにいても、安心。

それを1時間毎に思い出す作業をしていると、すりこまれるかのよう。

本当にそう思っていいんだ。

これは絶対的な約束なんだと。

 

その中にいて、自分が勝手に夢みてることが

怖い夢だったりしたのかもやけれど、それは実在しているわけではない。

ないものを怖がってみたり、あると存続させているのも私。

 

真実を語ってくれて側にいてくれてる存在を信頼して、絶対的な安心のもとに生きていきたい

 

ありがとうございます

 

広告を非表示にする

レッスン243 0319

奇跡のコースワーク241〜250

Dear聖霊さん

レッスン243

今日わたしは、起こることを

何ひとつ判断するつもりはありません。

Today I will judge nothing that occurs.

 

『私が現在把握できていないことをすでに知っていると考えることはしません。

私に見ることができるすべてである知覚の小片から全体を理解しているとは考えないようにします。』

 

ーーーーーー

ここで考えたり思ったりすることは、ワタシという限られた存在の知覚に頼って、いろいろと決めてる。

けれど、この世界でのワタシは全体の一部で、

全体の一部だから知覚も一部。

そんなことも知らずに

全てを知れるかのように、知ったかのように、

自分で判断したり解釈したりしていたなぁ。

そうしなきゃ、とも思っていたなぁ。

 

ワークレッスンで

自分ではもともと出来ない判断を

少しずつ手放せていってるようです。

 

ありがとうございます

 

広告を非表示にする

レッスン242 0318

奇跡のコースワーク241〜250

Dear聖霊さん

レッスン242

今日という日は神の日です。

神への私の贈り物です。

This day is God’s. It is my gift to Him.

 

ーーーーーー

ひとりではなく、『私にとって最善なることを全て知っている』存在とともに生きる。

それは神様からの愛で、贈り物。

私(たち)が喜びや幸せに誰でも生きれるようにとガイドしてくれるための存在。

 

苦しまなくていい。

幸せと喜びを受け取っていい。

 

いつもどこでも

どんな時にも

そう言ってくれている。

 

ありがとうございます

 

 

 

 

 

奇跡のコースワークブック365

http://ameblo.jp/acimworkbook/entry-10997025839.html

広告を非表示にする

レッスン241 0317

奇跡のコースワーク241〜250

Dear聖霊さん

レッスン241

この神聖な瞬間は救いの到来です。

 This holy instant is salvation come.

 

『今日は何という喜びがあることでしょうか。

今日は特別なお祝いの時です。

というのは、

今日という日は解放が設定されている暗闇の世界にその瞬間を差し出すからです。』

ーーーーーー

ここから10日間は

「世界とは」のテーマに沿ったものとなる。

そしてこの日は祝福する日だった。

そして偶然にも家族にとってのスペシャル記念日だった。

朝から、友人より喜ばしいメール内容が届いた。

イエスとともに、聖霊とともに歩む時、嬉しいサプライズを用意してくれたりする。

そして受け入れるかどうかを私に任せてくれている。

 

「ゆるし」によって解放される。

苦しみや悲しみを握りしめなくてもいいと。

 

ありがとうございます

 

 

 

ーーーーーーーーー

奇跡のコースワークブック365

「この世界とは何でしょうか」

http://ameblo.jp/acimworkbook/entry-10997023240.html

 

レッスン241

http://ameblo.jp/acimworkbook/entry-10997025158.html

 

レッスン241の音声つき ブログ

http://ameblo.jp/workbook365/entry-12066607776.html

ーーーーーーーーー

 

f:id:seireiwy:20170319031833j:image

 

 

ありがとうございます

 

 

 

 

広告を非表示にする