読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DEAR 。。Holy Spiritさんへ

奇跡のコース〜A Course In Miraclesを学んでいるブログです。

レッスン277 0422

奇跡のコースワーク271〜280

Dear聖霊さん

レッスン277

自分で作り出した法則で

私があなたの子を束縛しませんように

Let me not bind Your Son with laws I made.

ーーーーーー

なるほどなぁと解説と祈りを読んで思った。

全文載せたいけれど、リンクを載せようと思う。

http://ameblo.jp/acimworkbook/entry-11033681554.html

 

ホントにイエスはあらゆる思考への答えを持っているかのよう。。。

 

 

ありがとうございます

広告を非表示にする

レッスン276 0421

奇跡のコースワーク271〜280

Dear聖霊さん

レッスン276

私が語るようにと

神の言葉が私に与えられる

The Word of God is given me to speak.

 

ーーーーーー

4月に入って、外の世界が少しずつ変化している。

そして今、私は貴重な時間をいただいている。

普段の世界と思っているルーティーンを手放せる期間をいただく。

この日はすでに入っていた予定をこなしつつ、自宅の改善。

今年になってから随分とスッキリした生活ーーものを手放す作業ーーを進めてきた。

手放す度に楽になるし、日々快適だと思うのは何故だろう。掃除も楽だ。

 

本当に取り巻く環境がどんどん変わっていってる気もする。これは大きく変わる前の変化なのだろうか?

そんな意味づけも昔はしたけれど、今は聖霊にお任せすることにする。

自分で自分を運ぼうとすると、何処へ行くやらわからない、、という経験はもうたくさんしたし。

苦手、、後回し、、としてきた作業にも取り組む。

今の現状を見つめて、習慣となってしまっていることを見直してゆく。

 

今日は、自分の言葉・思いは、神が考える私たち(神の子)のものと同じだと思い出す日。

これはエゴの思考とくっついた自己の意識は本来のものでないと自覚すること。

 

それらを認めて思い込みを手放す。。。

 

することに集中すると、確認しながらを忘れがちなので、ゆっくりとすることにしよう。

私の中で焦ったりする追い立てられるかのような習慣は、ルーティーンに流れがちになる。

 

けれど、本質はなにもする必要がないのだから、もし追い立てられるように、未来へと先走るようになろうとしたら、それを思い出そう。

既にハッピーエンドを迎えているのだという真理をなんとか思い出そう。

 

神の言葉へお導きくださりありがとうございます

 

 

広告を非表示にする

レッスン275 0420

奇跡のコースワーク271〜280

Dear聖霊さん

レッスン275

今日、神の癒しの声が

一切を保護する

God’s healing Voice protects all things today.

 

『…今日という日が、私たちが探求し、聞き、学び、理解する時として選ばれたのです。

私と一緒に聞いてください。

というのは、「神を代弁する声」は、一人では理解できず、お互いから離れては理解できない事柄について私たちに語るからです。

このことにおいてすべてのことは守られています。このことにおいて、神を代弁する声の癒しが見出されます。…』

ーーーーーー

私という時、

「自分で考えなきゃ」とか「自分で知りたい」とか

「自分で解決したい」とか、まだあるのかもしれない。

「うまくやっていきたい、こなしたい」と思って考えを巡らせたり。

けれど過去を参照にしても、それはエゴがベースになる。

過去のデータとは、自分という個別、、、分離した経験を元に、自分で考えて処理してきた思考の集まりなのだから。

 

このレッスンでは

「ひとりでは理解できない」とある。

自分を手放してゆく作業。

それは自分の思考がひとつひとつ、どこに繋がり反応しているかに気づく作業。

 

聖霊とともになのか

エゴの思考とともになのか。

無意識にうまーく反応するように、今まで使って構築してきた「自分」というものを、「本当に創られたもの」に返してゆく作業。

 

この日、両親とともに行動する。

両親が抱えている問題に対処するために、日にちを取った。過去の反応が出やすい日。

言葉や態度を見て聞いて、私の反応は過去を出したがる。でもそれはエゴの思考を採用した時。

本当の私は、父母とも「ひとつの存在」として愛の交換をしたいのだ。

 

ふとテキストの言葉のニュアンスがおりてきた。

兄弟の願いに付き合うことについて。

それが幻であるが故に、捉われることなくそれを見つめ、ただ愛するが故に付き合う。

 

そんな感じのことがふと来たので、なるべくそれを思い出せるようにしながら付き合った。

 

すると「犠牲になっている」という心が出てこない。私にはその心が今まであったように思う。

自分の考え、感覚と違う。大切にしたいものが違うと感じて、それを犠牲にしている、、みたいな。

 

けれど、この世界に起こることは大したことではなくて、それを通して怖れの向こうにある愛を見つめる機会として、聖霊に導いていただくのだろう。

 

そんな風に、両親の見る幻の世界ーーつまりは何処かで私も関連して「在る」と思い込んでいたものーーを手放していくレッスンとして精霊に使っていただけば、私はとても豊かな経験になる。

 

目の前に展開する、過去信じていたことが現れる世界。

大切だと思っている関係になればなるほど、過去のデータから判断して、先に危険回避しようとしたりコントロールしようとしたりする。

 

あ、、また私は決めつけていた。反応していた。。

そんな風に手放していけたことは良かった。

そして父母との経験は苦しむことなく、互いに満足して終えることが出来た。

まだ、揺れることはあったけれど。

 

聖霊とともにゆく。

そして護られた関係の中でいくことを信じたい。

 

ありがとうございます

 

 

 

 

広告を非表示にする

レッスン274 0419

奇跡のコースワーク271〜280

Dear聖霊さん

レッスン274

今日は愛の日です。

私に恐れさせないでください。

Today belongs to love. Let me not fear.

 

ーーーーーー

この日は夜、勤務帰りに20年ぶりくらいの昔の職場の同僚に出会った。

あまり見た目は変わらない彼女。

彼女も私をそう言っていた。

けれども中身、経験してきた様々なことがバックにはある。

この幻の世界では、出会う時以外は存在しているかどうかもあやふや。

そして思いがけず出会ったりする。

これは聖霊の采配なのだろう。

久しぶりに出会ったけれど、私の彼女に対する接し方はコースがベースとなっていく。

彼女に神の子をみつめる。それが今の私の聖霊からのレッスンなのだろう。

彼女との縁はもともと良いものだった。私にはこの出会いの意味はわからないけれど、彼女と私は「ひとつの存在」として愛の交換をするために出会ったのだと感じる。

そして今日は愛の日。

本当は過去というものも、未来というものもない。

それがコースの考え方。

そしてこのように過去経験したと思っている人々にあったり、眠って見る夢の中で久しぶりの人が出てきたりするのは、私の中の何かがあるのかな。

いずれにしても分離しているという感覚がまだあるということになる。

 

私には意味はわかりません。

どうか愛を選択できますように

怖れに気づいて手放せますように

 

ありがとうございます

 

 

 

広告を非表示にする

レッスン273 0418

奇跡のコースワーク271〜280

Dear聖霊さん

レッスン273

神の安らぎの静けさは私のものです。 

The stillness of the peace of God is mine.

ーーーーーー

今日は天候も嵐が過ぎ去り、穏やかな日だった。

日々のレッスンは、ひとつひとつ過ぎ去っていくけれど、その日で終わることはなく、積み重なってプラスしていける感じなのかも。

 

今日もキリスト意識、キリストのヴィジョンで見つめることで、いろんなことも良きものになる。

両親といる時、私は何処かでまだ、「自分が何とかしなきゃ」という心がある。

「私がそれを作るんだ」というような。

そして、

それも手放して、どのような人間関係の中にも、心静かにキリスト意識を見つめて委ねれる時が、神の平安の時なのだと思った。

 

幸せな旅だった。

ありがとうございます

広告を非表示にする

レッスン272 0417

奇跡のコースワーク271〜280

Dear聖霊さん

レッスン272

一体どのようにして

幻想が神の子を満足させる

ことができるでしょうか。

How can illusions satisfy God’s Son?

 

『今日、私たちは幻想の傍を通り過ぎます。

夢の中にしばらく止まるようにとの誘惑の呼び声を聞いたならば、私たちは横を向いて、「天国」を地獄と同じくらい簡単に選ぶことができ、愛が怖れに喜んで代わってくれるというのに、私たち「神の子」が夢で満足することができるかどうか自分自身に聞いてみます。』

ーーーーーー

この日、天候が荒れるとわかっていた。

そして考えてきていた旅行計画を全て見直すことにした。

自分が「ベスト」と思っている計画を変更するのは、変更すると決めるまで、何故か拘りたいと思う心が生まれていた。

自分で生み出したと思うものは、愛着が湧くから捨てにくい。ということをテキストにも書いていた気がする。

 

けれど計画を変更して進めた計画は、とても上手く行った。

やはり神の計画がどこかにあって、それに合わせていくほうが、安らぎと喜びのものになる。

 

その経験をさせて頂きました。

 

1時間毎に、このレッスンを見直すことはなかったけれど、家族でより良い計画へ変更することを楽しめた経験となった。

 

この世界にあるものも、経験も幻想。

そして幻の夢が醒めるまで、「導き手を信じる」選択をするのですね。

 

ありがとうございます

 

広告を非表示にする

レッスン271 0416

奇跡のコースワーク271〜280

Dear聖霊さん

レッスン271

キリストのヴィジョンは

今日私が使うヴィジョンです。

Christ’s is the vision I will use today.

 

ーーーーーー

 この日から家族での旅。

特別なシチュエーションになるが、如何にキリストのヴィジョンを使えるだろう。

そして旅が始まった。

神様に見守られたかのような、いろんな奇跡に満ちた日となった。

 

まだ親と接する時は、特別性が出てくる。

キリスト意識だけを見つめるーーという選択よりも先に、過去の思いからの反応が早くて自動でてしまいそうになる。

 

キリストのヴィジョンは

私の中にあると思い出させてくださり

ありがとうございます

 

 

広告を非表示にする