DEAR 。。Holy Spiritさんへ

奇跡のコース〜A Course In Miraclesを学んでいるブログです。

レッスン341 0625

Dear聖霊さん

レッスン341

私が攻撃できるのは私自身の無罪性だけです。

そして、

私を安全に保ってくれるのは私の無罪性だけです。

I can attack but my own sinlessness,
And it is only that which keeps me safe.

ーーーーーー

この日からまた新たな10日間のテーマが始まる。

いよいよ「奇跡」のテーマへ。

 

前述している、「私が影響されるのは、私の考えだけ」みたいなのを具体的にいってるような今日のレッスン。

 

無罪性。

この幻(形が常に変わりゆく)世界では、自分が変わりゆき存在が無くなってしまう、失ってしまうことへの怖れの概念ー考えーがついてまわっている。

そしてその気持ちに影響されて、失わないため、無くならないために抵抗ー攻撃ーを生み出す幻が働いてくる。

 

けれど、ここで確認しているのは、

無罪性ーー私たちの本来の姿は、失うことも無くなることもない存在ーー神が造られた存在ーーだから、そのことを思い出せば、何の怖れも必要なく、安全だということを思い出させてくれる。

 

怖れたり、心配したり、攻撃したくなったり、守りたくなったら、、、

それはエゴの世界だけでの、本当ではない概念を選んでしまっているだけだと気づくことーー

 

この日の解説文には、「微笑み」というフレーズがたくさんでてきた。

 

いつも微笑みとともにあれますようにー

 

ありがとうございます

 

リンク『奇跡とは何でしょうか?』

http://ameblo.jp/acimworkbook/entry-11098029900.html

 

f:id:seireiwy:20170626123523j:image

広告を非表示にする

レッスン340 0624

Dear聖霊さん

レッスン340

今日私は苦しみから自由になることができます。

I can be free of suffering today.

ーーーーーー

このレッスンは祈りの言葉があっていつでも使えるようになっている。

真理へと導かれるように、思い出せるようにと作られているようで。。

 

真理ー真実は感謝と喜びに溢れた状態でもある。

感謝、喜びのフレーズがたくさんある。

 

いつでもこの祈りを忘れずにいられますように

 

 

 

リンク

http://ameblo.jp/acimworkbook/entry-11098028964.html

広告を非表示にする

レッスン339 0623

Dear聖霊さん

レッスン339

私は私が要請するものが何であれすべて受け取るでしょう。

I will receive whatever I request.

ーーーーーー

このレッスンは毎日思い出したい。

解説の文章の対比がとてもわかりやすくて、、、

 

以下、解説文よりーー

 

『誰も苦痛を望みません。

しかし、

人は苦痛を快楽であると

考えることはできます。

 

誰も自分の幸せを避けることは

しないでしょう。

しかし、

喜びは苦痛に満ち、脅迫的で

危険であると考えることはできます。

 

誰もが自分が要請するものを

受け取るでしょう。

しかし、

自分が欲しいものについて、

自分が達成したい状態について

非常に混乱することはあり得ます。

 

とすれば、

自分が欲しいものを受け取る時、

自分が欲しいものとして

何を要請することができるでしょうか。

 

彼は自分をおびえさせるもの、

そして、

彼に苦しみをもたらすものを依頼したのです。』

ーーーーーー

 

神様のご意向からいうと、

幸せも不幸せも半分半分、

ということはない。

幸せしかない。

でも、人は

幸せ過ぎて怖い。。。なんていう。

 

苦労なしに何かを受け取ったり

幸せになっている人をみたりしたら

苦労知らずで、、なんていう慣習も

残っていたりする。

苦労の末に受け取るほうが、

何倍もいい。。。など。。

 

でも本当は神様は

私たちには苦労せずとも

幸せを与えるし、苦労しなくていいと

おっしゃる。

 

どこで人類の考え方が変わったのか。。

いやいや、そういう考えをみんな持っていると、私が考えていて、そのように世界をみているのかもしれない。

私の見方ひとつなのだから。

 

もしかりに、その世界を外に私がみるのなら、

私の内から変えればいい。

本当は外も内もないのだから、

受け取るものを神が与えてくれているものにしたらいい。。

 

そう、それだけを求められますように。

まだまだ、私はこの世界での私の都合の良いものを欲しがりがちです。

少しばかり、それがなくても大丈夫なんだということを、受け入れ始めていますけれど、、

それでも、聖霊のはたらきがあると信じればこそですね。

 

ありがとうございます

 

 

 

広告を非表示にする

レッスン338 0622

Dear聖霊さん

レッスン338

私は私の思いによってだけ影響を受けます。

I am affected only by my thoughts.

ーーーーーー

この日は、エゴの考えを優先しているところがあり、ザラザラした気分になったことがあった。

でも、このレッスンだったことで、気持ちを安らかな方へ、そして愛を選択した行動ならどうなるかな?と考えることも出来た。

 

誰もありのままで見たときには、神の子として存在している。

それなのに私の考え方ひとつで、それを判断解釈することで、どのようにも捉えることができる。

 

そして例えば分離や攻撃の心を、自分が選択したのを見たときに、それがまた落ち込みの原因になっていたりする。

本当に私の心、考え方が私に影響しているなぁ。

 

でも、このレッスンがあってよかった。。

 

私の考え方だけが、私に影響するのなら、考え方を選び直したらいいだけなんだなー。

そう思うと心が軽くなる。

 

エスは、とても愛のあるレッスン、コースを作られたなぁと感じます。

 

ありがとうございます

 

レッスン338のリンク

http://ameblo.jp/acimworkbook/entry-11096151660.html

 

 

そして奇跡講座のサイトで、6/19に

ケネス・ワプニック氏の動画の和訳が更新されたのがYouTubeにてありました。

 

「象徴としての美」

https://youtu.be/QGQv6QZj59Y

 

 

ありがとうございます

 

 

 

 

広告を非表示にする

レッスン337 0621

Dear聖霊さん

レッスン337

私の無罪性が、私を全ての危害から守る

My sinlessness protects me from all harm.

 

『…私は「贖い」を私自身のために受け容れなければなりません、それ以上のことは必要ではありません。なす必要のあるすべてのことは「神」がすでに実行してくださっています。そして、私は自分では何もする必要はないということを学ばなければなりません。…』

ーーーーーー

 

何かが私の身に起こってくると、それが危害とならないように、何かをしなければと無意識に働く。

 

けれど本来は、神は私たちを苦しめるようなことを設定せず、平安のみを与える。

それが本質のものであるから、恐れる必要は全くない。

 

とはいっても、まだまだそれだけを考えることは出来ていない。

 

危害が及ぶと思っているーー

それは私が損をしたり、失ったり、傷つけられたりすると思っている証拠。

それに気づけた。

 

私は損をするということはない。

失うものもない。

傷つけられることもない存在。

 

ああ、これならば、少し受け入れられてきました。

 

今日は「贖い」というフレーズも出てきた。

もっと、気持ちをリラックスして、ゆったりと、レッスンのひとつひとつを味わえますように

 

そしてゆるしをありがとうございます

 

 

広告を非表示にする

レッスン336 0620

Dear聖霊さん

レッスン336

ゆるしは心がつながっていることを

わからせてくれる

Forgiveness lets me know that minds are joined.

ーーーーーー

 

祈りのことば

『静けさの中で、ゆるしが分離と罪の私の夢を払拭してくれますようにお願いします。

父よ、それから私に内面を見つめさせてください。そして、私の無罪性についてのあなたの約束が守られていることを発見させてください。

あなたの言葉は私のマインドの中で不変であり続けています。

あなたの愛は今も私の心の中に住んでいます。』

 

 

毎日のレッスンに「ゆるし」という言葉が入り、それを振り返るだけでも、心が柔らかくなる感覚。

行動にどっぷり浸かっていると、静かに立ち止まって、内面を見ることを忘れてしまう。

 

このワークレッスンは、ひとつひとつの思いの発端を、確認してゆく作業にもなる。

かといって、そのエゴの複雑でたくさんのものを細々みていくことでもなく。

エゴをエゴでは解決できない。。

 

この日は「つながり」も再確認する日。

殺伐としてまわりからなんとなく分離している時には、「つながり」を探そうとはしない感覚。

 

それでも、レッスンの言葉を思い出す時には、ひととき「つながり」を思い出させてもらえる。

 

そうやって、少しずつでも「分離している」という思い込みから離れる「とき」を増やしていきたいです。

 

ありがとうございます

 

 

広告を非表示にする

レッスン335 0619

Dear聖霊さん

レッスン335

私は私の兄弟の無罪性を見る選択をします。

I choose to see my brother’s sinlessness.

ーーーーーー

どんな人にも罪はないーー

これを受け入れるために、たくさんの、「こんなのがあれば罪じゃないの?」という例えを心に浮かばせて、反論の余地を伺っていたこともあった。

 

小さな頃から、「○○しなかったら△△になるよ」等々、罰のようなものを怖れることで、善である自分を保とう、保たせよう、とする習慣もみられる。またそんな教育も伝承のように続いている。

 

この幻の中では、私の中にあるものが外に現れるとある。鏡のように。

私(たち)は、それが私(たち)とは違う「他」のものであるから、と思う。

そして、罪というのが外にあり、また自分の中にもあって罰は当然だと、自他を責める。

 

けれど聖霊とともにいる時、ここに見えているものは、愛を見通すためのものとして使われる。

聖霊は、私たちには計り知れないけれど、それを使って神の計画へと導いてくれる。

聖霊とは、私(たち)の神を知る部分。

 

もし、無罪とみえなかったのなら、聖霊に「私にはみえていません。」と正直に言って、これを使って真実を見させてください、と祈りたい。

エゴの世界では「罪と罰はある」と設定されているから、それを自分が手放せれるまで、聖霊にはお付き合いいただくことになります。。

 

この日のレッスン解説にはーー

『ゆるしは選択です。

私は私の兄弟を決してありのままに見ることはありません。

というのは、それは知覚をはるかに超越しているからです。

私が兄弟の中に見るものは単に私が見たいものにすぎません。

なぜなら、それは私が、何が真実であってほしいと思うかを表しているからです。

私が外部の出来事によってどんなに駆り立てられているように見えても、私はこれにだけ反応しています。

私は私が見たいものを見る選択をするのであって、私はこれを見るのです。これだけを見るのです…』

ーー

とある。

私は選択している。何を見たいかを、無意識も含めて選択した後のものを見ている。。。

 

だからこそ、私が「思い」の始めに、真理を知る聖霊のガイドを選択することで、見たいものは真理へ向く。

 

思うことが外へ(幻として)現された世界にいるから、

思うことが何かを選ぶことに対して、しっかりと意識を向けたい。

 

結果を変えるためには、思いの発端を真実にするしかない。

真実とは、罪のない世界。

そしてその真実を受け入れてもいいと、ゆるすことがここですること。。。

 

ゆるし、とは、起こった(と幻の世界で思っているだけなのだけれど)ことに対してではなく、まだ起こってもいない「思い」の発端を聖霊のガイドに委ねることでもある。

 

幻として、投影するものがなければ、実在しているものしかないようになる。

すると

もともとなかった、罪のない状態に戻る。

 

。。。それを今は目指している状態です。

 

日々のレッスンで、ゆるし、を思い出させていただきありがとうございます

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする